IR情報 > 経営方針 > 中期経営計画

IR情報

中期経営計画

中期経営計画を通じて目指す姿

中期経営計画を通して目指す姿は、社員が当社グループを通じて、活躍の場・チャンスを広げる総数を増やしていくことです。

望む仕事にチャレンジでき、働きたいエリアでの就業、柔軟な働き方等多様な可能性が充実していることに加え、社員一人一人の働きが適切に評価される環境で、社員は「ものづくり」にやりがいをもって携わり活躍していくことができると考えます。

日本そして世界のものづくりに貢献できる会社であり続けるために、このような環境づくりに挑戦していきたいと考えています。

中期経営計画の方針

中期基本方針

「技術系領域」を軸に領域・業容を拡大し、利益の向上と安定的な株主還元を行う

経営指標・成長戦略

経営指標 年率20%以上の
成長スピード維持
年率20%以上の
連結営業利益増加
成長戦略 【A:地域】
技術・製造派遣で
世界複数国に事業基盤
【B:領域】
IT・ソフト領域の拡張、
「IoT」 「AI」領域へも拡大

成長戦略-A:地域

成長戦略

技術・製造派遣において世界複数国に事業基盤」を持つ

業界環境

  • 現在展開している市場(国内・技術製造系)では成長スピードの維持が困難
  • 国内市場において、今後大手プレーヤーとの競合激化のリスクが高まりつつある
  • グローバル顧客のニーズに、世界複数国での対応が可能に
  • 事業・経営ノウハウの活用可能性

成長戦略-B:領域

成長戦略

従来の機械・電気系領域からIT・ソフト領域の拡張、成長著しい「IoT」や「AI」の領域へも拡大を図る

業界環境

  • 重要性を増す「IoT」「AI」領域での人材サービス余地が大
  • 当社は必要な人材を供給出来得るポジションにある

事業領域別戦略・目標

戦略 目標
技術系領域
  • グループ成長の主軸として経営資源を集中投資し、高成長率の維持と利益率の向上を目指す
  • 投資内容:採用(新卒・中途・海外)
    エンジニア価値向上・業務高度化に向けたAI・RPA活用、新規M&A等
  • 目標営業利益率:15%(※)
    (16/6期12.3%→19/6期(予)13.7%)
  • 稼働エンジニア数:目標10,000名
    (19/6期末6,600名)
製造系領域
  • 過去3年で実現した高収益体質を堅持しつつ、着実な事業拡大ペースを持続
  • 高収益体質:営業利益率5%台(※)を維持
    (業界最高水準)
  • 目標成長率:年率10%前後
海外領域
  • 過去3年間で売上高300億円まで拡張した英国事業を基盤に、「利益額」を重視した成長を目指す
  • アジア市場の各事業を「種蒔き」ステージから「萌芽」ステージに移行

※技術系および製造系領域の営業利益率は、領域に含まれる各社単体営業利益の単純合計。

戦略イメージ

戦略イメージ

中期経営計画

中期経営計画
IRニュース
個人投資家の皆様へ
個人投資家の皆様へ
経営方針
経営方針
IRライブラリー
IRライブラリー
業績・財務情報
業績・財務情報
株式関連情報
株式関連情報
IRカレンダー
最新IR資料
よくあるご質問
IRメール配信
IRへのお問い合わせ
注目ページ